ロオラ



午前中に近所の高校へ散歩に出掛けた。

市内唯一の男子校。敷地がとても広く歴史もあるので建築物も見応えがある。

自然も多く残されていて、ちょっとした散歩コースになっている。


普段は生徒がいるから、昼間は入る事は躊躇する。

久しぶりに入った男子校の敷地内は、誰も居なくて、とても心地よかった。

好きな場所だと思った。


敷地内に線路がはしってる。向かいにはラグビー場。

線路に沿って桜並木がある。八重桜が咲いていた。


数羽の鳥が飛び交い、綺麗な鳴き声が聞こえる。

癒し。


毎日毎日、鳥の絵を写してるけど、名前一つも覚えてないし真面目に知識も入れてないや。と思った。


ぐるーっと遠回りをして、通い慣れた駅を横目に桃のジュースを買って家へ帰った。





佐藤春夫の「オカアサン」を読む。

予想外の面白さでツボに入った。独特の面白さがある。


「オカアサン」を読んで、

昔、おばあちゃん家で九官鳥を玄関先で飼っていた事を思い出した。

たしか名前は「キュウちゃん」だったような・・。

よく喋る九官鳥で「タミコハヤクオキロー」と言っていた。

タミコは私の叔母。

叔母が、その家から居なくなっても「タミコハヤクオキロー」と言っていた。



店長から休業延期との連絡あり。

期間は未定とのこと。

とりあえず今月一杯だと思って下さい。と。

その曖昧さに、店長と一緒に笑った。


電話を切って「がない!」と独り言を言った。


「がない」は、甥っ子が小さい頃「ながい」を「がない」と言っていて、それがとてつもなく可愛かった。すっかりお兄さんになった甥っ子は「ながい」は「ながい」と言えるようになった。無性に「がない」が聞きたくなった時、ちょっと「がない」って言ってみて。とお願いしたけど「やだ」と即答された。


それから「がない」が聞けなくなったので、私が「がない」を使うようにしてる。






今度はカメラを持って、散歩に行こうかと思った。



© 2023 by mika Noguchi

Proudly created with Wix.com