美し写し絵計画


バイト先が今日から休業になった。今のところ5月6日まで。


ちょっとホッとした。



この機会に欲しかった本を買って帰ろうと思い、保留にしていた本を店内から集めた。



「江戸鳥図鑑」ISBN 9784756253217

以前、入荷になった本を分けている時に、気になってた本。

とにかく、絵が素晴らしい。

読書の間に眺めたいと思った。




この期間、目に見える形で残せる何かはないかと考えた。

あれでもないこれでもないと考えた結果、この本を写す事にした。写紙を使って。


幾つかのルール(例えば鉛筆だけ使用)を決めて写し始めた。


非常に楽しい。

線の強弱、濃紺を自分なりに見極める。

とても色が綺麗な本なので、それを大事にして。


私は鳥は好きだけど、名前とかは全然分からない。

鳥の知識が欲しいわけではない。

ただ、眺めていたいのだ。




この本は、抜かり無く「春の鳥」などと季節や飼い鳥などと分類してあり、そして、その順に沿って絵と異名や和名の由来などが書かれている。


とても綺麗で、とても美しく、その鳥の情報も少し得られる素晴らしい一冊。鳥の図鑑は欲しいけど、一般的な鳥図鑑は欲しくない天邪鬼な私にはぴったりの一冊だった。

幾らでも眺めていられる。静かにテンションが上がる。



この「江戸鳥図鑑写し絵計画」自分のペースで地味に完成させたい。





しばらく家に籠る事になるけど苦痛には思わない。

むしろなのです。

与えられたお籠り期間なので充実させたい。




明日は、こっそりパイナップルゼリーを作る予定。



© 2023 by mika Noguchi

Proudly created with Wix.com