歌詞を作る


シンガーソングライター石塚明由子さんの歌詞を作るワークショップへ。


去年、参加して今回で2回目。

事前に曲が送られてきて聴き込み、ワークショップ内一時間で作詞する。

それぞれ作った歌詞で明由子さんがギターで演奏し歌う。

そして、その歌詞の背景を作者に聞き、周りは、どう感じたのかを話す。


これは、一種のセラピーだと思う。


同じ曲でも、皆それぞれに作り出す歌詞は全く違う。

曲の雰囲気さえも変わる。

それが、とても興味深く面白さでもある。


普段、文章を人目に出すことがない私は自分をさらけ出す勇気が必要で、

とても恥ずかしい。

と思っていた前回までは。

今回は恥ずかしさは吹っ切れた。緊張はするけれど。



イメージをドンドン膨らませていく。何度も繰り返す曲と言葉。

使いたい言葉があっても、音符にはめていくので、文字数に制限がかかる。

その制限が結構ポイントなんだと思うけど。

ピタッとハマったときの感覚は快楽に近い気がする。


普段使っていない思考を使うので、毎回ちょっぴり頭が痛くなるけど面白い。





「ある岸辺」


水の音 跳ねる

キラキラとひかり

鳥はさえずる

ここちよく


時はうつろい

春風がふいて

陽はまたたかくなり

沈んでいく


やがて色あせ

消えることなく


涙を流して

過ぎ去りし日々を


君と共に行こう

いつか

見てた

岸辺に




© 2023 by mika Noguchi

Proudly created with Wix.com