巣をつくる


気がついたら3月中旬。

特に忙しい訳でもないのだけれど、いつもとは違う休校や卒業式とかでもっていかれた。

そして、お籠りの日々だった。やっと何か書こうという気になった。


それにしても、この「変わり目」というのは、どうも得意じゃない。幾つになっても。

そして花粉。皮膚がやられてしまう。仕方なくお薬に頼る。むー。 この季節は好きだけど、手放しで春が好きとは言えない。



最近、庭の金木犀の木の様子が、ちょっとおかしいと感じていた。

一箇所に鳥の羽が落ちていたり、風もないのに、ちょっと揺れていたり。

もしやと思って、木の中を覗くと、鳥が、鳩が巣を作っていた。

たぶん、この前からいる鳩だと思う。

よく観察してみると、小枝をいっぱい重ね合わせその上にじっとしていた。

私に気がついているようだけど、じっとしてた。温めているのだろうか。


なんで、ここに巣を作ったのだよ。

ボールは飛んでくるし雨風だってしのげないよ。

もっと安全なところがあるだろうに・・・。

私は見守るしかない。





叔父は、私が幼い頃に鳩のレースに出てた。

叔父に子供が産まれてから辞めた。多分。

叔父が飼っていた鳩の足首には、色とりどりのプラスチックの輪っかがしてあった。

鳩小屋は物置小屋の上に建てられていて、梯子を登って餌をあげたりした。

青い色の鳩小屋だった。

何度か、その鳩のレースに連れていってもらったこともあった。

箱に鳩を入れて、スタート地点で放し、ゴール地点で待つ。

あんまり覚えてないけど、海辺の景色が浮かぶ。

鳩モチーフのトロフィーも見た事がある。

叔父に聞こうとすれば、今でも、鳩の、鳩レースの話しを聞く事は出来る。

でも、聞こうという気にはならない。






庭の木に鳩が巣を作った。

© 2023 by mika Noguchi

Proudly created with Wix.com